LOHASナチュラルスタイル部

LOHAS(ロハス)ってなんだろう?から、 LOHASなエコロジー&スローライフでココロもカラダも綺麗で健康に。
HomeLOHAS | マクロビオティック | スキンケア | オーガニック | 癒し | 老化の要因 | スポーツ | Web・PC関連 | メロ日記 | ひとりごと 


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【老化要因】15.糖分の取りすぎ

2006.04.07

食事の際、急速に血糖値が上昇するような食べ方は多くの危険をはらんでいます。

血液中の糖分が増えすぎると※プロテイン・リンケージによる老化の進行はもとより、中性脂肪を増やし血管障害を促進する、ビタミンCの働きを阻害する、糖尿病になるなど様々な弊害をもたらします。

糖尿病がなぜ「血管の老化」が進んでいるかは詳しくは分かっていません。ただ、血管中の糖分が高くなると、血管の壁を守る血管内皮細胞を傷めることは分かっています。血糖値が絶えず高値であると、毎日ずっと血管内皮細胞が傷み続けるわけです。それにより徐々に「血管の老化」が進んでしまいます。

そのため、血液中の糖分ができるだけゆっくりと上昇するような食べ方が健康維持のために必要です。食品の順番を守ると血液中の糖分はゆっくり上昇し、食後の血糖値も緩やかに下降していきます。

具体的には食物繊維から食べ始め、たんぱく質、炭水化物と食べ進むのがベストです。洋の東西を問わず伝統的な食事の順番は血糖値が緩やかに上昇するような組み立てになっています。

洋食ならば前菜、サラダ、メインディッシュ、デザート、和食ならば酢の物に始まり、煮物焼き物、最後にごはんやそばが出て、甘味で締めくくられます。

また、肌の新陳代謝、そして紫外線から体を守ろうとする物質の原料になるのは、各種の栄養素です。糖分や脂肪(特にリノール酸)の摂りすぎが問題で、バランスの悪い食生活で栄養素が不足すると、紫外線に対する抵抗力が低下します。それによって、シミやシワが出来やすくなり、肌のハリや弾力、みずみずしさも失われます。

プロテイン・リンケージ・・・細胞内のたんぱく質が糖と結合することで互いに絡み合い、たんぱく質の大切な働きが止まり、代謝が落ち、細胞機能まで低下させて老化が進む現象

<まとめ>
・糖分を多く含んだ物は食事の最後に食べる
・糖分の摂取量に気をつける

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mylohaslife.blog54.fc2.com/tb.php/43-5daaae06
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LOHASナチュラルスタイル部 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。